English

【例文あり】完了分詞構文とは?【否定形や受動態も解説】

投稿日:

先日英検対策をしていたところ、このような問題に出会いました。

一部変更しています。

( )内に何が入るかを答える問題ですね。

主語も無ければ接続詞もないということは、
分詞構文かな?
でも「Having」とは…?

※「分詞構文」についてはこちらの記事(分詞構文とは?)で詳しく解説しています。

この問題は、今回説明をする「完了分詞構文」を使った問題です。

先ほどの問題の回答に自信がない方向けに説明をしていきます。

この記事を読めば、

英検、模試などにおける完了分詞構文の問題が得点源になる。

分詞構文で時制のズレを表現できる。

このようなことが身につきます。

ちなみに今回説明する「完了分詞構文」は、日常会話ではあまり使用されません。英検や大学受験を頑張っている方向けの記事になります!

では、いきましょう。

完了分詞構文とは?

完了分詞構文は<Having+過去分詞>という完了形の分詞構文です。

そして完了分詞構文は、

分詞が表す内容が、主節の動詞が表す時よりも「前」

の時に使用する表現です。

「宿題を終えた(分詞が表す内容)」のは

「ゲームをした(主節の動詞)」ことよりも前の出来事で、

時制のズレがあります。

そのズレを表せるのが完了分詞構文です。

通常の分詞構文は「分詞で表される内容」と「主節の時」は同じになっています。こちらの記事(分詞構文とは?)でも確認ができますので、是非参考にしてください!

では、冒頭の問題をもう一度見てみましょう。

完了分詞構文の形<Having+過去分詞>に当てはめると

答えは③番ということになります。

こちらも時制のズレが表されており、

「サオリがコーヒーを飲み終えた」のは

「勘定を済ませ、カフェを出た」ことよりも前のことですよね。

完了分詞構文の仕組みが分かっていれば、この手の問題はすぐに解けますね!

完了分詞構文の否定形

完了分詞構文の否定形は、

Not(Never) + having + 過去分詞

の形になります。

分詞構文と同様に、分詞(having)の前に否定語を置くだけです。

こちらも
「プレゼントを買っていなかった」のは
「買い物に行った」ことよりも前ですよね!

完了分詞構文の受動態

受動態の完了分詞構文も存在します。

作り方としては、

Having + been + 過去分詞

この形をとります。

「Having」と「be動詞の過去分詞」で完了分詞構文を表し、「be動詞」と「過去分詞」で受動態を表していますね!

ちょうど「完了分詞構文」と「受動態」が組み合わさった形です。

Having beenの省略

文頭の<Having been>は省略ができます。

Born in America, she can speak English.

こちらでもOKです。

まとめ

今回の説明をまとめると

完了分詞構文は、

<Having + 過去分詞>の形で

主節との時制のズレを表す

表現ということですね。

完了分詞構文を理解して、

英検や受験での得点源を増やしましょう!

-English
-

Copyright© miyavlog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.