English

【基本】現在完了形を例文でわかりやすく解説【過去形との違いも】

投稿日:

現在完了形ってどんな時に使うんだろう?3つくらい意味があるし、正直、過去形との違いもよくわからないし…。

今回はこういった方向けに記事を書いていきます。

現在完了形は「日本語にはない表現」なので

日本人が英語を学ぶ際に気をつける必要があります。

この記事を読めば、

日本語にはない表現(現在完了)を理解

現在完了の3つの意味

過去形との使い分け

このようなことが理解できます。

例文を用いてわかりやすく解説していきます!

では、いきましょう!

現在完了形とは?

現在完了形は

<have + 過去分詞>で表します。

受動態<be動詞 + 過去分詞>と間違えないようにしましょう!

そして、この現在完了が表すのは「過去から今まで」です。

「過去から今まで」…?

日本語にはない感覚で、言葉だけでは理解が難しいと思いますので、図で説明していきますね!

画像の赤い部分が現在完了で表せる範囲です。

この時点では「過去から現在」のイメージが何となく掴めていればOKです!より詳しく解説していくので、理解を深めていきましょう。

否定文の作り方

現在完了の否定文は

<have not + 過去分詞>

の形をとります。

ここでよくある間違いが

「一般動詞のhaveの否定形」との区別です。

こちらの文章は現在完了ではなく

現在形のhaveの否定なので注意しましょう!

疑問文の作り方

現在完了の疑問文は

<Have + 主語 + 過去分詞>

この形をとります。

haveが文の最初に出た形ですね!

それぞれまとめると…

<肯定文>
I have played soccer.

<否定文>
I have not played soccer.

<疑問文>
Have you played soccer?

このようになります!

現在完了の3つの意味

<have 過去分詞>で表される現在完了形は

主に3つの意味を表します。

それぞれ例文を用いてみていきます。

継続

まずは「状態の継続」です。

過去から今に至る状態の継続を表すことができます。

※「オーストラリアに住んでいる状態」の継続ですね。

2年前という過去から今に至るまでの「状態の継続」を表しています。

図でも示している通り、赤の部分を現在完了によって表しています。

経験

次に「経験」です。

「〜したことがある」「〜に行ったことがある」など

自分が経験したことを表したいときも現在完了を使います。

※「沖縄に2回行った」経験ですね。

生まれた時という過去から今に至るまで、

2回沖縄に行ったことがあるという経験を表しています。

「have been to ~」と「have gone to ~」の違い

「行ったことがある」と言いたい場合は「go(行く)」の過去分詞を使って「have gone to ~」にするんじゃないの?

いいところに気が付きましたね!
「have gone to ~」は「〜に行ってしまった」という意味を表し、帰ってくる可能性が低いことを表すので注意です!

「行ったことがある」という経験を表したい時は

「have been to ~」を使いましょう。

完了

最後に「完了」です。

「過去から続いている動作や状態が完了したこと」を表します。

※「宿題をするという動作」の完了ですね。

「宿題を開始した過去」から「宿題が終了した今」までを表しています。

過去形との違い

以下の文章を比べてみましょう。

He finished his homework.

He has finished his homework.

上が「過去形」で、下が「現在完了」ですね。

それぞれ図で見ていきます。

まず過去形ですが、

過去形は「過去の一点」にだけ注目をしています。

今回で言うなら「宿題を終えた」という

過去の事実にのみ注目をしています。

あくまで表しているのは「過去のみ」ということになります。

次に現在完了ですが、

こちらは「過去から今」に注目しています。

「宿題を始めて、今終了しました」という感じで

あくまで終了したのは「今」ということになります。

図で見比べると違いがわかりますね。

迷った時はこの図をイメージしましょう!

訳し方

現在完了の3つの意味を説明しましたが、

英文を和訳する時にどの意味になるのかは

文脈を見て判断する必要があります。

継続
→「〜ている」

経験
→『〜したことがある」

完了
→「(今)〜した」

このどれかになります。

「文脈を見て判断」というと難しそうですが、実際に当てはめてみるとしっくりくるのは大体1つだけなので大丈夫です!

まとめ

今回学んだのは、

現在完了は<have + 過去分詞>

現在完了は
「継続・経験・完了」を表す

過去形との違い

以上になります。

日本語にはない表現をマスターして、

英語のレベルをアップさせましょう!

-English
-

Copyright© miyavlog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.