English

【超基本】5文型は日本人のための英語学習法

投稿日:

大体の学校では英語の時間に「5文型」を教わると思います。

なぜみんながみんな「5文型」を教わるのか。それは、5文型が「日本人の、日本人による、日本人のための英語学習法」だからだと私は考えています。

とはいえ、「この文章は第何文型ですか」といった問題は出てこないし、英語を話すときにいちいち「あ、今から僕が話そうとしているのは第~文型だ」と考えたりもしません。

ですが、中学校2年間不登校(2,3年生)だった私が、今英語の教員になれるまで英語が分かるようになったのは、5文型をしっかり学びなおしたからだと断言します。

5つの型さえ覚えておけば、すべての英文をどれかに当てはめることができるわけです。かなり効率的なシステムだと思いませんか?

最も効率よく英語を学びたい人は、ぜひこの記事を読んでみてください!

英語は語順がかなり重要

英語の問題で、並べ替え問題が良く出てきますね。

(例) ( love / I / you ). 
      → I love you.

これは日本語では成り立たない問題の形式です。なぜなら、

(例) (愛している / 私は / あなたを)
      → 私は あなたを 愛している
        あなたを 愛している 私は …

こんな感じで日本語だと、どう並び替えても意味が通じてしまいます。

つまり、日本語は語順があまり重要ではない言語です。

これと同じことを英語でしてしまい、「I you love」「You love I」という順番で並べてしまうと、全く意味が通じません。

英語には決められた言葉の並べ方(語順)があるということですね!

語順の大切さを踏まえたうえで、5文型を見ていきましょう!

※これから使う記号の説明をしておきます。

S → 主語(~は、~が)
V → 動詞
C → 補語
O → 目的語(~を、~に)

第1文型 S V

第1文型 例文

第1文型はそんなに出てくることはありません。

主語が何をする(した)のかを端的に表した文章です。

第2文型 S V C

第2文型 例文

2文型は「補語」を付け加えることで、主語の状態を表します。

そして例文の通りですが、この文型では必ず「S = C」が成り立ちます。

次の3文型と見分けるときに使う知識なので、覚えておきましょう!

第3文型 S V O

第3文型 例文

第3文型は「目的語」をを付け加えて、主語の行動の目的を表します。

例文にも書いていますが、この文型は「S ≠ O」が成り立ちます。

これが第2文型との見分け方ですね!

第4文型 S V O1 O2

第4文型は目的語(O)を2つ使います。

例文にも書いていますが、この2つの目的語の語順を間違えないようにしましょう!

「人」の後に「物」です!

仮に

He gave a watch his girlfriend.

としても意味は通じません。
やはり語順が大事です!

第5文型 S V O C

第5文型 例文

最後は全ての要素を使います。

この文型では「O = C」が成り立ちます。

5文型で意味が変わる動詞

この文型でよく使われる動詞がありますが、いくつか本来の意味と違う意味になるので、これは覚えてしまいましょう。上の例文で使用した「make」もその1つです。

make O C / OをCにする
→ Love makes me strong.
 愛は私を強くする。

find O C / OがCだとわかる
→ I found you very tired.
 あなたがとても疲れているとわかった。

get O C / OをCの状態にする
→ He got a TV off.
 彼はテレビをオフにした。

drive O C / OをCの状態にさせる、追いやる
→ Noisy kids drive me crazy.
 うるさい子どもは私を怒らせる。

ちなみに、ブリトニースピアーズが「You Drive Me Crazy」という歌を歌っていますが、これは「あなたは私を狂わせる(気が狂うほどあなたが好き)」という意味になります。
5文型が分かれば洋楽も理解できますね!

以上が5文型になります。

単語をこの型に当てはめて並べるだけで、英語を書けるし、読めるし、聞けるし、話せます。

最初は時間がかかるかもしれませんが、これから英文を見たときは常にどの文型が使用されているのかを気にするようにしてください。

慣れてくれば自然と正しい語順で英語を操れるようになります!

-English
-, ,

Copyright© miyavlog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.