English

【頻出】時を表す副詞節とは

投稿日:

英語を勉強していく中で「時を表す副詞節」という言葉を聞いたことがあると思います。

特に大学進学を目指す高校生は、必ず押さえておきたいところです。

というのもこの「時を表す副詞節」をついた問題は、入試、模試等で結構出てきます。

仕組みさえわかればサービス問題となるので、

「時を表す副詞節」を初めて聞いた人

「時を表す副詞節」が正直分からない人

説明の仕方が分からない先生方

はこの記事を読んでみてください。

時を表す副詞節の仕組みはもちろん、名詞節との見分け方もお伝えしていきます。

今回は日常英会話というより、受験英語の話になります。英検やTOEICでも出てきますので、受験しようと思っている人は必見ですよ!

では、いきましょう!

副詞節とは?

まずは「副詞節」の説明をさせてください。

これは文字通り、「副詞の役割を持つ節」のことです。

※副詞を含む品詞の解説はこちら
 節の解説はこちら

節全体が副詞として機能していると考えてもらうとOKです。

副詞(節)はあってもなくてもいい

品詞の記事でも伝えていましたが、大切なのでもう一度。

副詞はあってもなくてもいい存在です。

言い換えると、

「なくして残った部分で意味が成り立つなら、なくしたものは副詞」と言えます。

ひとつ例を見ておきましょう。

She is very cute.
→veryをなくした「She is cute」でも意味が伝わるので、なくした「very」は副詞ということになります。まさに、あってもなくてもいい存在ですね。

この考え方をそのまま副詞節にも当てはめます。

例文を見ていきましょう。

副詞節

このように、節を丸ごとなくしてみて、残った部分で意味が伝わるかどうかを確認すると、その節が副詞節かどうかを確認できます。

節を丸ごとなくして、残りを見る

これを覚えておきましょう!

時を表す副詞節

副詞節が何なのか、そしてその見分け方が分かったところで、「時を表す副詞節」の説明です。

こちらも文字通りなのですが、

時を表すものによって副詞節が作られている

場合に、「時を表す副詞節」と呼んだりします。

先ほどの例文にあった「when節」はその代表格です。

他にもbeforeやafterがあります。

when も before も after も「時の前後関係」を表すものなので、それらが節を作っている場合はわかりやすいですね!

時を表す副詞節の特別ルール

ではなぜこの「時を表す副詞節」を見分けられるようにならないといけないのか。

それは、「時を表す副詞節」にだけ適用される「特別ルール」があるからです。

その「特別ルール」とは、

「時を表す副詞節」が未来を表すとき、未来形ではなく現在形を使わなければならない。

というものです。

実は先ほどの英文もこのルールに従っていたので、もう一度見てみましょう。

時を表す副詞節

主節のwillにつられて、副詞節の中まで未来時制にしないようにしましょう。

名詞節に注意!

この「特別ルール」は、あくまで副詞節だけのものであり、名詞節の場合は通用しません。

例文を見てください。

名詞節

今回は黄色の部分(when節)が未来時制になっています。

それもそのはず、これは今回名詞節なのです。

同じように、節全体をなくしてみましょう。

名詞節2

あってもなくてもいい副詞節とは役割がかなり違うので注意です。

それを見分けるためにも、「なくして、残りを見る」ことが大事です!

ちなみに「I want to know (知りたい)」は、意味が通じているような気がしますが、突然「知りたい!」と言われたら「え、何を?」と混乱すると思います。相手を混乱させる文章は「意味が伝わらない」と判断ができるということですね。


以上になります。

少し難しい話だったかもしれませんが、最後に確認問題を載せておきますので解いてみてください。

確実に点数を取れるように、仕組みを覚えておきましょう。

問題 ( )内に入るものとして適切なものを選びなさい。

I will play soccer with my friends when I ( ) my report.

1, finished
2, has finished
3, will finish
4, finish

答えはこちらから!

-English
-

Copyright© miyavlog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.