English

関係副詞とは?【関係代名詞との違いも解説】

投稿日:

今回は「関係副詞」についてお伝えしていこうと思います。

関係代名詞とは違うの?

基本的な考え方は一緒だけど、1つだけ「決定的な違い」もあるから必ず分けて覚えておくようにしましょう!

この1つの「決定的違い」がかなり重要なので、ぜひ参考にしてみてください!

では、いきましょう!

関係副詞の一覧

関係副詞は4種類あります。

時間場所理由なし
whenwherereasonhow
※howは先行詞がないので注意です。

1つずつ例文を見ていきましょう。

when

whenは「時」を表すので、「時間」を表す名詞を先行詞にとります。

例文を見ていきましょう!

だいぶロマンチックな文章になりそうな予感…(笑)

関係代名詞の時と同じように、共通部分を副詞で置き換えていきます。

このとき、「前置詞+名詞」の部分を副詞に置き換えることに注意しましょう。

関係「代名詞」→ 名詞のみ
関係「副詞」 → 前置詞+名詞 です!

時間を表す「when」で置き換えたものがこちらです。

「when」を先行詞「the time」の後に持っていくと・・・

関係副詞を使った、ロマンチックな文章の出来上がりです!

画像を見てもわかる通り、基本的な和訳の仕方は関係代名詞と変わりません。

他の関係副詞も例文を見ていきましょう!

where

次は場所を表す「where」です。

例文を見ていきます。

こちらの文章です。

共通部分は場所を表す「the town」ですね。

前置詞+名詞(at the town)を「where」に置き換えると…

このようになりますね。

基本的な仕組みはwhenと同じです。

why

つぎに理由を表す「why」です。

こちらは少し複雑で、2つの英文を使うよりも、最初から1文で示したほうが分かりやすいと思います。

以下、例文です。

※「break up」で「~と別れる(関係が壊れる)」という意味です。

「理由」に説明を付け加えたいときに関係副詞「why」を使うことができます。

やっぱり基本的な仕組みは「when, where」と一緒ですね。

how

最後は「how」です。

こちらは「方法、手段」に説明を付け加えたいときに使用しますが、すでに表で示している通り「先行詞を取らない」ので注意が必要です。

こちらも1文で示していきます。

関係副詞howの手前に先行詞がないことに注目です。

他の関係詞と同じように先行詞がないとわかりにくいかも…

と思う人は、少し強引にはなりますが「the way(方法)」を入れて考えましょう。

このように考えるとわかりやすいかもしれません。

しかしながら基本的にhowは先行詞が入らないので、注意しておきましょう!

関係代名詞との違い

最後は「関係代名詞との違い」です。

基本的な和訳の仕方は同じですが、決定的な違いがあるんですよ…!!

これは必ず押さえておきましょう。

結論を言ってしまうと、

関係代名詞 → 後ろが不完全な文

関係副詞  → 後ろが完全な文

です。

今回紹介した関係副詞の例文をすべて並べてみます。

関係副詞の後ろの文(赤四角の後ろ)がすべて「完全な文(そこだけで意味が伝わる文)」ということが分かると思います。

一方、関係代名詞は

主格、所有格、目的格どれをとっても「不完全な文(そこだけで意味が伝わらない文)」になっています。

この違いを理解しておくと関係詞の問題がサービス問題になるので、必ず押さえておきましょう。

例題

では最後に例題を3問出します。

もしよかったら解いてみてください!

1、The child ( ) did it was Jenny.

 ①who  ②whom  ③which  ④whose

2、Are you the girl ( ) bicycle was stolen?

 ①whose  ②that  ③whom  ④which

3、Tell me the name of the shop ( ) you bought that watch.

 ①when  ②which  ③where  ④that

答えはこちらです!

-English
-

Copyright© miyavlog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.